【異文化】韓国人が見習いたい、日本文化とは?

韓国の生活文化
\ランキングに参加してます♪クリックで応援お願いします/

世界の方々から『日本が好きです、とにかく好きです、何が何でも好きで、住みたいです』という言葉をよく耳にしますが、韓国の人々にも例外ではないです。韓国の人々が日本の地について、韓国との違いを感じることは意外と多くある中で、見習いたいこと、憧れることがあって意識が変わる聞きます。その中からいくつか取り上げてみるうちに、自分こそ日本は憧れる要素がたくさんある素敵な国であることを改めて気づき、教わった気持ちです♪

公共マナーに反しない

乗り物の中、公衆の場で話さない

韓国では、電車やバス車内での携帯電話の通話は、周りに遠慮気味にではあるけれど交通機関の中でも普通に出たりしますが、日本では車内に携帯使用NGのポスターがいたるところに貼ってあって、厳しいルールだなと思うところでみんながちゃんと守っていているところが驚くと聞きます。会社でも仕事でない電話で話しますが日本ではその様子がないことに驚くと聞きます。仕事以外の電話そのものをプライベートと認識、仕事に持ち込んでるという意識を持てなく、その敷居が高い日本を見て規制が厳しいと言います。

列を並ぶ

電車を乗るための列を並ぶのは市民意識ですが、ラーメン店の並びとか、スウィーツを買うたみに作る行列をみては驚くと聞きます。行列に並んでまで買って食べたいほどの美味しいものがあること、美味しい食べものに行列をつくる日本人の意識が高いと言います。ほかにも、電車の乗り降りの際に、乗る人がサイドにピシッと並んで、降りる人を待っている、その気遣いまでが暗黙のルールを守る意識が高いことに見習いたいと聞きます。

横断歩道を守る

大勢の人々が渡る横断歩道では周りを気にしてルールを守るにしても、人々が少ない横断歩道などでは、車が走ってないタイミングを狙いわたってしまいがちですが、日本人は、一人だけでも交通ルールを守る意識が高いのが評判です。その一例として渋谷のスクランブルが有名になり、世界から報道されていますが、まるでスポーツの「団体行動」のようで、その意識の高さに驚くと聞きます。

乗り物の時刻が正確

日本は、電車の時刻の出発や到着時刻に誤差はないと言うほど正確で、清潔です。その質的な良さが世界中に認められ、日本が先進国であることの証拠になっていると言われることですが、韓国から来られた方々から日本の交通ルールや時刻は世界一と言われます、鼻息が荒くなるほど自慢の一つです!

食事中のマナーが清潔

小皿を使う

外食でなく、一般的にご自宅でも取り皿をつかうことが習慣化されてる、家族の間でも小皿使用をみて、礼儀やその清潔さに驚くと聞きます。

取り箸を使う

大盛の料理や、小分けにしてない料理にはついてくる取り箸をみて、食文化の高さを感じると聞きます。また、取り箸がない場合には、必ずしも「直箸でいい?」「ここは、直箸でいこう」という、声掛けの食に対するマナーに市民意識の高さを感じる聞きます。

美味しいものが本当に多い

和食が美味しい

無形文化遺産になっている和食です。和食と言えば刺身、すき焼き、寿司、天ぷら、とんぶり、ウナギ、蕎麦、鍋など数えきれないほど種類が多く、美味しく、魅了されると聞きます。世界中に日本ほど様々な種類のそれぞれの味が異なる料理が揃ってる国は少ないです。むしろ、これといった自国の料理がない国も多い中、日本の和食は、世界にない日本を代表できる自慢の自慢です。

お酒が美味しい

日本酒の味比べは大の人気です。ここで世界中に人気の高い日本酒なら、日本だけのもので当たり前のことですが、生ビールが本当に美味しいのは日本です。クリーミーな泡を、それも丁寧に注いでくれるので味が格別、誇り高い生ビールです。来日の方々からよく聞く話で、日本に来るときはまず、何がなんでも生ビールで喉をうるおしたいと聞くほどです、日本じゃできない、これも和食と合わせて日本の自慢です。

コーヒーが美味しい

世界のチェーン店が多く、味も同じだと思われがちですが、注ぐ水がかわれば、注ぐ人が変われば味も変わる。世界一コーヒーが美味しい国と言われていて、そのショップを当てに日本に来られる方々も多いです。意外だと思いませんか?嘘のようで本当です。

スイーツが美味しい

日本のデパ地下のスウィーツで有名です。美味しいものがありすぎて、困るほどらしいです。味の繊細さや色、デザインには世界へ誇るものがあり、外包装、個別包装の対応、販売員の接客マナーまでがひっくるめて人気が高いです。

お弁当が美味しい

駅弁の文化がはやり、日本のお弁当文化が世界で独り歩きをしています。世界中に日本のお弁当箱が売られていたり、そのお箸が売られていたり、包むお風呂敷までがうられていたりするのを見掛けます。外食に頼らず、お弁当持参文化は世界中に広まっていい文化だと思います。海外へ出掛ける際の手土産に日本のお箸にするのも大変喜ばれます。

生活文化、その他の文化

注文する時の呼び名が決まってる

韓国では、店によって、「あの…」「お姉さん」「お兄さん」「おばあさん」と人称代名詞で声かけますが、日本では、決まって「すみません」と、声かけることに、まどろっこしさがなくて良いと聞きます。無意識に失礼を犯すことがないので、いい呼び名である、礼儀を感じるとのことです。

子供の早期教育に惑わされない

韓国は、一般的に子供の早期教育があります。豊かさや教育環境で少々差はありますが、誰もが自分なりの早期教育には積極的で熱心ですが日本はそれほどでもないことに驚くと聞きます。子供に親の意識を教え込まないことがあえていいように見えているようで、子供がもっている能力、子供の選択を重んじる教育方針や部活動がある学校教育をみて羨ましがる傾向があります。

公衆衛生がいい

駅のトイレが世界一、最新式で清潔です。日本に来られて一番驚くことが、このトイレ文化です。誰もが駅のトイレ使用はしているはずですが、その清潔さが保たれていることに市民意識が高いとリスペクトすると言われるほどです。韓国は未だに公衆トイレ文化が今一なので、お出かけ際には、ホテル・レストラン・デパートのトイレなどを利用するといいです。

サービスがきめ細やかで丁寧

親切で、接客サービスに対する意識が高く、不愉快な思いをすることはないと言われます。仕事として捉え、否応なし、顔に、表情に出さないという、「おもてなしの心」が伝わり、買い物しやすいと言われます。毎日に生活していると気づかないですが無礼にならないようにする、トラブル発生防止をしているとも言えますが、それが質的な向上に繋がったことだと認められています。

読書が一般的

韓国も読書人口が多いですが、日本ほどにはおよばないです。あらゆる場所、公園、カフェで、電車内で読書する方々を見ながら驚くと聞きます。これは、単なる読書ではなく日本の教育の質の高さ、日本人の勤勉さに根拠があるとのことです。職種、年齢性別関係なく少ない時間を見つけて読書する習慣をもつ日本人は多く、その基本的な日本人の読書週間を見習いたいと言われます。

ゴミの分別

日本に来て、いちばん困るのがゴミの分別と聞きます。日本のゴミの分別は難しく、不燃ゴミ、資源ゴミ、一般ゴミ、粗大ごみの区別ができないようです。短期間の訪問で宿泊しているうちは何とかなるのですが、暮らしになると区分が出来ず「ゴミの捨て方」に困惑すると聞きますが、「もの」をゴミにするのか、資源にしてリサイクルして再利用するのかを分別することが「もの」の次の未来を決めていることに驚くとのことです。先進国であることに認識すること時だと聞きます。

まとめ

数多くあることで、大多数の方からの意見を上げてみました。当たり前に思っていることですが、細かく見られていることに、こちも驚きますが、確かに海外へ出てみれば、このようなことが多くあります。そのこと自体をショックを受けるよりは、最初からそれまで楽しめるようにすることだと思ったりします。私達が気づかない日本文化を楽しんだり、学んでいるようです♪

タイトルとURLをコピーしました