【韓国語】若い世代の今の言葉、まるで、流行語って外国語みたい~!?

基礎韓国語
\ランキングに参加してます♪クリックで応援お願いします/

スマートフォン利用する世代が主な今時、会話をスムーズに、迅速に無たなく進行するために作られる暗号のような新造語の登場はめずらしくありません。別世界をみているような落語や新造語は日本に限らず、英語圏でも、中国語圏でも韓国でも、若い世代の言葉が存在します。
スピード感を感じる時代を表すかのような略語、世代を反映する流行語、インターネット世代の用語など、言語の変遷にどれもこれも追いつくことはできかねますがその発祥する語源と言うらしきことが面白いので、聞いておくるぐらいはと、ご紹介します。

この前の集まりに同席した彼女、お前の後輩だよね、紹介してもらえる~?

独身だから紹介できるけど、ドルシングだよ

ドルシング ??俺もドルシング!

なんの会話か、気付きましたか?ここでドルシングって、なんの話でしょうか?

【略語】

ドルシング(ドルsingle:)돌싱

ズバリ言えば、バツイチのことです。戻られると意味の韓国語「ドラオダ 돌아오다」に、シングルに戻ったとの意味が加わり、ドルシングルです。男性を、ドルシングナム(ドルシング男 돌싱남 )、ドルシングニョ(ドルシング女 돌싱녀)です。

ガブトンアル(갑통알)

いきなり通帳を見たらアルバイトをしなければならなくなったと、気焦るという意味です。

いきなり:갑자기 通帳:통장 アルバイト:알바

どうしたの、その顔~随分とおかないね。

ガブトンアル(갑통알)^^;;

マンバンザルブ(만반잘부)

韓国語の挨拶の手番、マンナソバンガスムニタ(만나서 반갑습니다)から派生の 【マンナ 】と【バン】、ザルブタカゲスムニタ(잘부탁하겠습니다)から派生の【ザル】と【ブ】初めてお会いする時の挨拶の新造語です。

飲み会に呼んでくれて、ありがとうございます。

皆と仲良くなりたいです、よろしくです。

こちらこそ、マンバンザルブ(만반잘부)

オノルアノム(오놀줄아놈)

韓国では、人間関係におかれ、第一に、ものごとの理解が偏らず、意思疎通ができることが優先されます。意思疎通ができないと「意識が詰まってる、渋滞している」と揶揄されることがありますが、却って、話しがわかると、「話が成り立つ」と、認められ親しくなることに時間がかからないのが一般的です。その方向で、深く入ると「遊び」がと言う言葉があって、ここで「遊び」とは必ずしも楽しい遊びという狭い範囲での遊びではなく、日本でも同じニュアンスで「遊び心があるね!」という同じニュアンスでの造語で「お!、遊び心をもっているね」から派生された造語です、ただし、目上にはつかえない言葉です。なぜなら、語尾にある「ノム」とは、者という意味の卑語だからです。

トッポギ

7時に、いつもの場所でね。
オジョチゴ??

さすが、オノルアノム(오놀줄아놈)

オルジュグア ( 얼죽아 )

冷え込み過ぎて死にそうでもアイスカフェラテ、何が何でもアイスカフェラテに一途なことです。
オルジュグ:冷え込み過ぎて死にそうでも... ア:アイスカフェラテ

スバ行くけど...

オルジュグア

寒いけど、オルジュグア?

何が何でも、誰が何を言ってもオルジュグア

オムチン(엄친) お母さんの友人の息子:オムチンア、娘:オムチンタル

엄친아 엄친딸…母の親友の出来のよい子息のことを言います。韓国のお母さんたちは、自分の知人、友人、同門生の子供たちと比較するのが日常茶飯事です。誰誰の息子はどこに就職したなの、年収がいくらなの、昇進したなの等...を平気で息子にじわじわと言います。それを聞く息子は耐えられませんね、その時の息子からのセリフ「オムチンはオムチンです!」要するにお母さんの知人の息子は息子、お母さんの息子はこの私!という意味です。

ゾルチン(절친)

切実に親しい友人のことです。親友、心友、信友のことを言います。また、英語から派生しておりますが、best friend ベストフレンド、베프ともいいます。

本バップラ (혼밥러) 、ホンスルラ (혼술러)

一人世代のこと、一人ご飯を食べる、独り酒を飲む人に「er」、一人でご飯を食べるホンバップにer,、お酒を飲む、ホンスル(혼술)にerをつけて、そのような人を指す。ひとり様貴族という意味で、ホンバップ族(혼밥족)とも言います。ホンセイ 혼생 (一人で生活の生)、ホンタル혼달 (一人で達人でタツ)

サバサケ (사바사) 、ケバケ(케바케)

人による、ものごとによるという意味です。人をサラムといいますがサラムby サラム(사람 사람 )、ケースバイケース(케스케스)により異なると意味での造語です。

ボクセピョンサル(복세편살)

複雑である世の中だけれど、平安に生きていこうの意味の新造語です。気難しくとらわれず欲張らずに生きるという意味。
複雑:복잡하다 世の中:세상 平安:편안하다 生きる:살아가다

もう、そろそろ、就職決まった?

急がない、ボクセピョンサル(복세편살)

0ゲクゴ(0개국어)

0ケ:0개 国語:국어
いまや、母国語だけではなく、バイリンガル、トリリンガル、、母国語だけではなく、バイリンガル、トリリンガル、マルチリンガルの時代と言われる中、自国の言語さえはっきりしない人を指す造語です。

バンモ(반모)、ゾンモ(존모)

タメ語モード、敬語モードです。ダメ語をバンマル(반말)といいます。敬語のことをゾンデッマル(존댓말)といいます。そこから派生した造語です。
(例文:社会人になったね、会社ではバンモ(반모)は禁止、ゾンモ(존모)でね)

エッペシ(애빼시)

嬌を外したら、抜け殻という意味 、愛嬌があることの協調に使われます。
애교를 빼면 시체…. 애교 :愛嬌 빼다 :取る 死体: 죽은목숨과 같다

彼女、超かわいい人だね!

エッペシ(애빼시)~

オジョチゴ??

今日の夕食はチキン??と、いう意味です。
オヌル:今日 ジョニョック:夕食 チキン:チキン ゴ:行くgo 

【流行語】

ヨロゾク(ヨロ族(:YOLO,You Only live Once)욜로족 、횰로족

シングルライフを楽しむ、おひとり様が今を満喫する、私だけの人生を楽しむ意味の新造語です。一人で海外旅行をエンジョイ、一人の空間づくり、自分だけの幸せを追求、楽しむという意味があり、今日を楽しむという意味ではラテン語のカルフェディエムに類似しています。

サンギダ(삼귀다)

付き合うと意味で、「サギダ 사귀다」があります。付き合う前のサムシング段階、お互いを知る、相手を把握する時期のことを「サンギダ 삼귀다」…。韓国の数字は、イル(一)イ(ニ)サン(三)の次がサ(四)です。サのサギダと捉え、その付き合う以前の時期だからと、サの前がサン、【サンギダ】そこから派生した新造語です。

ナシンビ(나심비)

コスパ+心、物事へのコストの満足だけではなく、心理的な部分まで満足できる状態のことです。例えば、ナシンビを得るため、ランチはコンビニおにぎりで我慢して、デザートちょっと高くても、それは必要な支出だと捉える満足感のことです。 ナ(나) :私のこと  シン(심): 心のごと ビ(비):価値、コスパ

日本にも馴染みある略語

  • 스벅 (スバック):スタバックスのこと
  • 아바라 (アバラ):アイスバニララッテ
  • 카추 (カチュウ):カードの充電
  • 워라밸 (ウォラベル):Work and Life Balanceの略語です。仕事と個人ライフの調和をさし、就職の際にはかなり重要しされれいます。
  • 소확행 (ソハクヘン): (小確幸 )小さいけで確実な幸せのこと、村上春樹のランゲルハンス島に出てくる言葉が韓国で定着)

インサイダー用語

インサ(인싸)

insder ,人々との関わり、融合して楽しむ人々

アッサ(아싸)

outside,人々との関わることが苦手な人々

グロルッサ(그럴싸)

insderと outsidernの中間の立ち位置の人々

マサン(마상)

心の傷  マウム:心 サンチョ:傷 、頭の頭文字でマサン

ウユナン(우유남)

優越な遺伝子をもつ男性のことです。 優越のユウのウ、遺伝子のユ、男性のナン

ホンコノ(ワンカラ)

一人の意味でのホン、こはコイン、ノはノレ、歌の意味の韓国語の頭文字:おひとり様カラオケ

ナイルリジ(나일리지)

歳の나이 と、マイレージの마일리지が合わさってナイルリジ、目上を指すことです。

まとめ

ほど昔、チョベリバ、チョベリグから、キモイ、KY(空気が読めない)、JK(女子高生)、TKMK(ときめき)、ちょっと前は、パリピ(パティーが好きな人)、ディスる(いじる)とか…今は、映え(インスタ映え)、卍(まんじ)、神ってる...この最近は、KS(ラインの既読をスルー)、り(了解)、ま?(マジ?)、しゃべる手間を省くと言うか...エモい(エモーショナル的)...

ありがとうが、あざす、今はあじゃます、あじゃまる水産...どうして水産までつくのか...

トッポギ、韓国の辛い餅の名前ですが、突然六本木に行こうらしいですね、笑

OC(オイシイ)、林修先生の今でしょう!は死語で、最近は「ナウしか」...

やばいのやばみ、つらいのつらみ、良さそうのよさみ...

教わる前には何を言っているのかわからなく、ついていけませんが...今の若い世代の生き方の一部分ですので世代との関係性が円滑までと高望みしなくても、普通に、地味に意思疎通するためには知る必要があると思います、若い世代から見た旧世代にはなるけれど、我々にもそのような時代があったことを思い出しながら...

タイトルとURLをコピーしました