【ビジネス韓国語】基本的な挨拶とニュアンスの違い

【ビジネス韓国語】おはようございます、こんにちは、こんばんは、基本的な挨拶とニュアンスの違い 韓国の生活文化
【ビジネス韓国語】おはようございます、こんにちは、こんばんは、基本的な挨拶とニュアンスの違い
\ランキングに参加してます♪クリックで応援お願いします/

안녕하십니까 、안녕하세요と안녕の挨拶の違い

韓国語は、おはようございます、こんにちは、こんばんはのような使い分けはなく、안녕하십니까 안녕하세요 안녕のように敬体から常体に変わるだけで時を問わない一貫した挨拶をします。

こんにちは、こんばんはにあたる少々硬めな挨拶:「안녕하십니까 」

「안녕하십니까 」その意味はもともと安寧でいらっしゃいますか?と言う意味があるので朝昼晩を問わずに使うことの出来る失礼のない丁重な挨拶です。目下が目上に対して、部下が上司に対して、取引先とのやり取りのビジネス文書の一行目に書ける、仕事上の会話でも相手を尊重する意向を表すフォマルな挨拶であります。

少し崩した感じのこんにちは、こんばんはにあたる一般的挨拶: 「안녕하세요」

比較して 「안녕하세요」は、「こんにちは」のようにややくだけた印象を与える、「안녕하십니까 」ほどの距離感は感じないものの 一般的に気軽に交わす、「안녕」よりはカジュアルフォマル的な挨拶です。

気軽なオッス!にあたる挨拶: 「안녕」

「안녕」は、ビジネス上では使えず一般的な会話の中で目上が目下へと下した気軽な挨拶である。日本語の「やぁ、元気~」に近い意味で、 同僚、気心知れた友達、 同格な身分同士、距離感のない関係性で交わすけれど、会う時と別れる時にどちらにも使える挨拶であります。

まとめ

韓国は儒教思想が今にも残されている国柄、礼儀、礼節には厳格な国であるため、男女老少を対象に発する言葉を敬語・丁寧語・ダメ語があります。その区分をして使いこなしていくことがハングルの特長と言えるのでどれがいいか悪いかではなく、その場面シラバスを理解して使い分けができるようにしたいですね。

その国の言語を早めに習得するには、まず異文化理解こそが第一歩であり、その文化を重んじることがステップアップにつながります。

タイトルとURLをコピーしました